自分の時間の定義と時短による家事対策

この記事をシェアする

自分の時間の基本的な定義

テレビジョンやインターネット、雑誌・広告等を通じて、自分の時間に言及されているのを見聞きしたことはありませんか。

この自分の時間を額面通りに受け取るのなら、生活の中で生じる生活維持以外の目的のために自由に使用できる時間、すなわち自由時間となるので、自分の時間を自由時間と見做してしまって構わないのでしょうが、趣味や特技は人それぞれに違い、人によっては仕事に生きがいを感じ、睡眠を喜びとし、家事の一部を趣味として楽しみを見出すことも往々にしてあり、自分の時間が仕事や家事、入浴といった生活維持時間と必ずしも乖離するとは限らず、自由時間を生活維持のための生活時間の中にも拡張できると、自分の時間である自由時間を多少なりとも多めに感じることが出来るかも知れません。

時短家事で自分の時間を確保

自分の時間=自由時間を増やすためには、必然生活維持に費やす時間を削る他ありませんが、健康維持を念頭に置いた生活維持のための平均時間だけでも、一日のうち一九時間から二〇時間が消費されてしまうため、健康面を考えると睡眠時間は削れず、生活維持のための労働と食事・入浴・トイレ等のその他生活維持時間も、やはり最低限は必要になります。

そのために自由時間のために削るなら家事時間が最有力候補で、家事時間を削るための手段として最も有力なのが時短家事となり、料理・皿洗いの時間削減には作り置きと調味料以外のレシピに共通点多いメニューの組み合わせの発見やレシピ共通食材の一括下処理保存並びに丼ものメニューによる使用食器の削減、洗濯・アイロンがけなら洗濯の一括化と日常衣類を畳まないサイクルの確立、掃除は頻度を減らすか掃除箇所を曜日ごとに分割するのが比較的容易な時短テクニックです。