技術的時短以外にも家事時間短縮対策はある

この記事をシェアする

技術的時短以外の家事時短対策

家事時間の短縮に最も効果を発揮する技術的な時短テクニックも、実践には相応の家事経験とノウハウの蓄積を求められることになるため、時短効果も家事を行う人の能力に依存し、全ての世帯で即座に効果を発揮できるとは限りませんが、技術的な時短テクニックと比べると家事を行う人の能力への依存が少ない時短対策も存在しており、道具に頼った時短対策もその一つです。

技術的な時短と同様にありふれた対策なので、がっかりされている方もおられるかも知れませんが、ありふれた対策であるからこそ一定の効果は望め、金銭面での負担こそあるものの、ロボット掃除機のような家電であれば最適に使いこなすことさえできれば時間的・身体的負担は小さくなりますし、便利グッズの延長線上にあるレベルの家事補助用品なら単純な機構で利用も容易な上に一〇〇円ショップ等で安価に購入できることから使い捨てを視野に入れての利用も可能となります。

収入次第で労働効率を優先して家事代行依頼

技術的なものであれ道具によるものであれ、家事時間の短縮はどこまで行っても短縮に留まり、決してゼロにすることはかないません。

よって、世帯の収入によっては家事そのものの効率化を図るよりも、家事代行サービス等の活用によって、その日一日の家事時間そのものをゼロにすることも現実的な選択肢足り得るでしょう。

当然ながら、余程収入が無ければ、住み込みのハウスキーパーを雇うことは難しいものがありますが、部分的な代行なら話は別で、家事代行サービスも発達し最低二時間単位の家事代行依頼が可能となっていることから、予算に応じた利用が可能なレベルの実用性は担保されていることため、ピンポイントで自由時間が欲しいタイミングや日帰り旅行の際に家事代行依頼を利用することを考えてみてはいかがでしょう。